研究業績(論文・著書)

RNA-based cooperative protein labeling that permits direct monitoring of the intracellular concentration change of an endogenous protein

Pe KBA, Yatsuzuka K, Hakariya H, Kida T, Katsuda Y, Fukuda M, Sato SI.

Nucleic Acids Res. 49, e132 (2021)

Short-Chain Guide RNA for Site-Directed A-to-I RNA Editing.

Nose K, Hidaka K, Yano T, Tomita Y, Fukuda M.

Nucleic Acid Ther. 31, 58-67. (2021)

​創薬の可能性を広げるRNA編集技術 

野瀬 可那子、福田 将虎

医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 51(8) 378-385. 2020年

RNAの段階で遺伝情報を書き換える-RNA編集技術の開発- 

​福田 将虎

生命科学研究レター (60) 24-29 2020年

RNA編集を原理とする核酸医薬品の開発

野瀬 可那子、福田 将虎

第5回日本核酸医薬学会誌, 23, pp32-39, 2019年

RNA修飾機構を利用したRNA編集技術の開発

福田 将虎

実験医学2018年12月号, 羊土社, 2018年

RNA情報を編集する新たな遺伝子改変・制御技術

野瀬可那子、福田 将虎

実験医学2018年5月号, Next Tech Review, 羊土社, 2018年

Synthesis and Fluorescence Property of 1,1-Dimethyl-1,4-Dihydrodibenzo[b,h] [1,6]naphthyridinium Iodides: Turn-on Type Detection of DNA.

Okuma K., Oba A., Kuramoto R., Iwashita H., Nagahora N., Shioji K., Noguchi R., Fukuda M.

Eur. J. Org. Chem. 6885, doi: 10.1002/ejoc.201701277 (2017)

Construction of a guide-RNA for site-directed RNA mutagenesis utilising intracellular A-to-I RNA editing.

Fukuda M., Umeno H., Nose K., Nishitarumizu A., Noguchi R., Nakagawa H.

Sci. Rep. 7, srep41478, doi: 10.1038/srep41478 (2017)

 Identification of an RNA element for specific coordination of A-to-I RNA editing on HTR2C pre-mRNA.

Fukuda M., Oyama Y., Nishitarumizu A., Omura M., Nose K., Deshimaru M.

Genes Cells. 20, 834-846. (2015)

One-pot synthesis of dibenzo[b,h][1,6]naphthyridines from 2-acetylaminobenzaldehyde: application to a fluorescent DNA-binding compound.

Okuma K., Koga T., Ozaki S., Suzuki Y., Horigami K., Nagahora N., Shioji K., Fukuda M., Deshimaru M.

Chem. Commun. 50, 15525-15528. (2014)

Improved design of hammerhead ribozyme for selective digestion of target RNA through recognition of site-specific adenosine-to-inosine RNA editing.

Fukuda M., Kurihara K., Yamaguchi S., Oyama Y., Deshimaru M.

RNA 20, 392-405. (2014)

 Simultaneous detection of ATP and GTP by covalently linked fluorescent ribonucleopeptide sensors.

Nakano S., Fukuda M., Tamura T., Sakaguchi R., Nakata E., Morii T.

J. Am. Chem. Soc. 135, 3465-3473. (2013)

A strategy for developing a hammerhead ribozyme for selective RNA cleavage depending on substitutional RNA editing.

Fukuda M., Kurihara K., Tanaka Y., Deshimaru M.

RNA 18, 1735-1744. (2012)

Construction of dopamine sensors by using fluorescent ribonucleopeptide complexes.

Liew F.F., Hasegawa T., Fukuda M., Nakata E., Morii T.

Bioorg. Med. Chem. 19, 4473-4481. (2011)

Context-dependent fluorescence detection of a phosphorylated tyrosine residue by a ribonucleopeptide.

Hasegawa T., Hagihara M., Fukuda M., Nakano S., Fujieda N.., Morii T.

J. Am. Chem. Soc. 130, 8804-8812. (2008)

A modular strategy for tailoring fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes.

Hagihara M., Fukuda M., Hasegawa T., Morii T.

J. Am. Chem. Soc. 128, 12932-12940. (2006)

 

研究費(科研費・助成金など)

2019年-2021年

科研費 基盤研究(C)

RNA編集による新規遺伝子制御原理の探索

2016年-2018年

科研費 基盤研究(C)

細胞内シグナル伝達の一過的な制御を目指した新規RNA変異導入技術の開発と応用

2013年-2015年

科研費 若手研究(B)

生体内RNA編集機構を利用した部位特異的変異導入法の開発

2016年

柿原科学技術研究財団科学技術研究助成事業

RNA 編集機構を利用した新規RNA 変異導入法の開発

2015年

柿原科学技術研究財団科学技術研究助成事業

RNA編集機構を利用した新規RNA変異導入法の開発

2011年-2012年

科研費 若手研究(B)

核小体低分子RNA を基盤とした遺伝子発現制御方法の開発

2009年-2010年

科研費 若手研究スタート支援

細胞内シグナル伝達分子を標的とする蛍光性RNA-ペプチド複合体センサーの開発

 

学内グラント

2020年-2021年

福岡大学総合科学研究部研究チームIII

RNA編集誘導の分子メカニズムを基盤とした高機能RNA編集核酸の開発

2017年-2018年

福岡大学総合科学研究部研究チームⅣ

ガイドRNAを用いた新規RNA変異導入技術の開発

2014年-2015年

福岡大学総合科学研究部研究チームⅣ

小分子化合物による生体内RNA 編集の制御とその機能解明

2012年-2013年

福岡大学総合科学研究部研究チームⅣ

疾病に関わるRNA 編集を薬剤標的とする小分子化合物の創製

 

知的財産権

オリゴヌクレオチド、その製造方法および標的RNAの部位特異的編集方法

発明者:福田 将虎
出願人:福岡大学、第一三共(株)
出願番号:特願2017-234341(基礎出願)、特願2018-151757(国内優先権主張出願)、PCT/JP2018/044751(PCT出願)

タンパク質標的核酸アプタマー、その製造方法、及び標的タンパク質の検出方法

発明者:福田 将虎、佐藤 慎一
出願人:福岡大学
出願番号:特願2018-128424

部位特異的RNA変異導入方法およびそれに使用する標的編集ガイドRNAならびに標的RNA-標的編集ガイドRNA複合体

発明者:福田 将虎、梅野 紘充
出願人:福岡大学
出願番号:特願2015-140894(基礎出願)、PCT/JP2016/070915(PCT出願)、特願2017-528728(指定国出願:日本)、15/744771(指定国出願:アメリカ)、16824536.3(指定国出願:ヨーロッパ)

RNA配列上の修飾を識別するリボザイムおよびそれを用いたRNA開裂方法

発明者:福田 将虎、栗原 圭
出願人:福岡大学
出願番号:61/488345(アメリカ仮出願)、PCT/JP2012/062878(PCT出願)、特願2013-516358(指定国出願:日本)、14/118562(指定国出願:アメリカ)