©2019 by 機能生物化学研究室。Wix.com で作成されました。

研究業績(論文・著書)

野瀬 可那子、福田 将虎

RNA編集を原理とする核酸医薬品の開発

第5回日本核酸医薬学会誌, 23, pp32-39, 2019

福田 将虎

RNA修飾機構を利用したRNA編集技術の開発

実験医学2018年12月号, 羊土社, 2018年

野瀬可那子、福田 将虎

RNA情報を編集する新たな遺伝子改変・制御技術

実験医学2018年5月号, Next Tech Review, 羊土社, 2018年

Synthesis and Fluorescence Property of 1,1-Dimethyl-1,4-Dihydrodibenzo[b,h] [1,6]naphthyridinium Iodides: Turn-on Type Detection of DNA.

Okuma K., Oba A., Kuramoto R., Iwashita H., Nagahora N., Shioji K., Noguchi R., Fukuda M.

Eur. J. Org. Chem. 6885, doi: 10.1002/ejoc.201701277 (2017)

Construction of a guide-RNA for site-directed RNA mutagenesis utilising intracellular A-to-I RNA editing.

Fukuda M., Umeno H., Nose K., Nishitarumizu A., Noguchi R., Nakagawa H.

Sci. Rep. 7, srep41478, doi: 10.1038/srep41478 (2017)

 Identification of an RNA element for specific coordination of A-to-I RNA editing on HTR2C pre-mRNA.

Fukuda M., Oyama Y., Nishitarumizu A., Omura M., Nose K., Deshimaru M.

Genes Cells. 20, 834-846. (2015)

One-pot synthesis of dibenzo[b,h][1,6]naphthyridines from 2-acetylaminobenzaldehyde: application to a fluorescent DNA-binding compound.

Okuma K., Koga T., Ozaki S., Suzuki Y., Horigami K., Nagahora N., Shioji K., Fukuda M., Deshimaru M.

Chem. Commun. 50, 15525-15528. (2014)

Improved design of hammerhead ribozyme for selective digestion of target RNA through recognition of site-specific adenosine-to-inosine RNA editing.

Fukuda M., Kurihara K., Yamaguchi S., Oyama Y., Deshimaru M.

RNA 20, 392-405. (2014)

 Simultaneous detection of ATP and GTP by covalently linked fluorescent ribonucleopeptide sensors.

Nakano S., Fukuda M., Tamura T., Sakaguchi R., Nakata E., Morii T.

J. Am. Chem. Soc. 135, 3465-3473. (2013)

A strategy for developing a hammerhead ribozyme for selective RNA cleavage depending on substitutional RNA editing.

Fukuda M., Kurihara K., Tanaka Y., Deshimaru M.

RNA 18, 1735-1744. (2012)

Construction of dopamine sensors by using fluorescent ribonucleopeptide complexes.

Liew F.F., Hasegawa T., Fukuda M., Nakata E., Morii T.

Bioorg. Med. Chem. 19, 4473-4481. (2011)

Context-dependent fluorescence detection of a phosphorylated tyrosine residue by a ribonucleopeptide.

Hasegawa T., Hagihara M., Fukuda M., Nakano S., Fujieda N.., Morii T.

J. Am. Chem. Soc. 130, 8804-8812. (2008)

A modular strategy for tailoring fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes.

Hagihara M., Fukuda M., Hasegawa T., Morii T.

J. Am. Chem. Soc. 128, 12932-12940. (2006)

 

研究費(科研費・助成金など)

2019年-2021年

科研費 基盤研究(C)

RNA編集による新規遺伝子制御原理の探索

2016年-2018年

科研費 基盤研究(C)

細胞内シグナル伝達の一過的な制御を目指した新規RNA変異導入技術の開発と応用

2013年-2015年

科研費 若手研究(B)

生体内RNA編集機構を利用した部位特異的変異導入法の開発

2016年

柿原科学技術研究財団科学技術研究助成事業

RNA 編集機構を利用した新規RNA 変異導入法の開発

2015年

柿原科学技術研究財団科学技術研究助成事業

RNA編集機構を利用した新規RNA変異導入法の開発

2011年-2012年

科研費 若手研究(B)

核小体低分子RNA を基盤とした遺伝子発現制御方法の開発

2009年-2010年

科研費 若手研究スタート支援

細胞内シグナル伝達分子を標的とする蛍光性RNA-ペプチド複合体センサーの開発

 

学内グラント

2017年-2018年

福岡大学総合科学研究部研究チームⅣ

ガイドRNAを用いた新規RNA変異導入技術の開発

2014年-2015年

福岡大学総合科学研究部研究チームⅣ

小分子化合物による生体内RNA 編集の制御とその機能解明

2012年-2013年

福岡大学総合科学研究部研究チームⅣ

疾病に関わるRNA 編集を薬剤標的とする小分子化合物の創製

 

知的財産権

オリゴヌクレオチド、その製造方法および標的RNAの部位特異的編集方法

発明者:福田 将虎
出願人:福岡大学、第一三共(株)
出願番号:特願2017-234341(基礎出願)、特願2018-151757(国内優先権主張出願)、PCT/JP2018/044751(PCT出願)

タンパク質標的核酸アプタマー、その製造方法、及び標的タンパク質の検出方法

発明者:福田 将虎、佐藤 慎一
出願人:福岡大学
出願番号:特願2018-128424

部位特異的RNA変異導入方法およびそれに使用する標的編集ガイドRNAならびに標的RNA-標的編集ガイドRNA複合体

発明者:福田 将虎、梅野 紘充
出願人:福岡大学
出願番号:特願2015-140894(基礎出願)、PCT/JP2016/070915(PCT出願)、特願2017-528728(指定国出願:日本)、15/744771(指定国出願:アメリカ)、16824536.3(指定国出願:ヨーロッパ)

RNA配列上の修飾を識別するリボザイムおよびそれを用いたRNA開裂方法

発明者:福田 将虎、栗原 圭
出願人:福岡大学
出願番号:61/488345(アメリカ仮出願)、PCT/JP2012/062878(PCT出願)、特願2013-516358(指定国出願:日本)、14/118562(指定国出願:アメリカ)