Test Tubes

生物分子化学
福田研究室

Biomolecular Chemistry Laboratory

 

研究室について

研究内容と興味のあること

生体内で「情報」と「機能」の役割を担うRNA分子。RNAを知ることは、生命を分子レベルで理解するために非常に重要です。私たちは、分子により構築されている生命システムに大きな興味を抱きつつ、RNA機能の解析や目的機能を持ったRNA分子を新たにデザインする研究を行なっています。分野にとらわれず、広く生命科学を学ぶことを楽しみながら、日々の研究生活を送っています。

研究テーマ(RNA編集)

​生物は、核酸やタンパク質をはじめとする生体分子の働きにより生命活動を営んでいます。核酸の一つであるRNAは、タンパク質の「情報分子」としての役割と、遺伝子発現の調節や化学反応の触媒などの「機能分子」としての役割を担っており、生物が生きていく上では欠かせない生体分子です。実際、細胞内でDNAから転写されたRNAは、様々なRNA修飾(RNAプロセシング)を経ることで成熟し、その機能を発揮しています。高等生物のRNAプロセシングには、「RNA編集」と呼ばれるDNAに記載された遺伝情報をRNAの段階で書き換える機構が存在します。中でも、RNA編集酵素ADARがRNA上の特定のアデノシンをイノシンに置換するA-to-I RNA編集は、ヒト生体内でもっとも頻度が高いRNA編集です。A-to-I RNA編集は、生体内で行われる様々な反応を調節することで、生体の恒常性維持に深く関わる重要な機構であると考えられています。私たち核酸科学研究室では、化学的な手法を用いてRNA編集機構を分子レベル及び生物レベルで「理解」すると同時に、それを「制御」する方法論の開発を目的とした研究を行なっています。これら研究を通して、遺伝情報や生命システムの理解を深めるとともに、社会に役立つ分子技術を開発することを目指しています。

 
 
抽象柄21

研究室メンバー

What's new

最近の出来事

2021年3月22日

新しいラボメンバーが加わりました(岸田君、坂本君、宜名真君)

これから頑張りましょう!!

2021年3月19日

冨田君、中山君、城戸さんが卒業しました

​お疲れ様でした。

2021年3月16日

学位授与式で野瀬可那子さんが総代を務めました。


2021年2月9日(オンライン開催)

卒業論文発表会で城戸さん、緒方君、中山君が発表しました


2021年1月30日

修士論文発表会で冨田君が発表しました

論文タイトル:A-to-I RNA編集によるグアニン四重鎖構造形成を介した遺伝子制御

2021年1月26日(対面-オンライン ハイブリッド形式)

野瀬可那子さんの博士論文公聴会が行われました

論文タイトル:Development of the Site-directed RNA Editing Utilizing Intracellular A-to-I RNA Editing

2020年12月14日(オンライン開催)

先導物質化学研究所・先端有機化学講演会で発表しました

(講演タイトル)RNA編集を基盤とした遺伝子制御技術

(講演者)福田 将虎

2020年9月15日(オンライン開催)

The 11th International Symposium of Advanced Energy Scienceで発表しました

(ポスター発表)

Development of RNA editing technology for gene regulation involved in an intracellular energy production and utilization.

Masatora Fukuda, Kanako Nose, Yohei Tomita, Takashi Morii

2020年9月7日から9月8日(オンライン開催)

第14回バイオ関連化学シンポジウムに参加しました

(ポスター発表)

A-to-I RNA編集によるグアニン四重鎖形成を介した遺伝子制御

冨田 洋平、勝田 陽介、山置 佑大、片平 正人、佐藤 慎一、福田 将虎

 

お問い合わせ

私たちの研究にご興味をお持ちいただきありがとうございます。研究内容や出版物に関するご意見やご質問は、どうぞお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

福岡市城南区七隈8-19-1
(理学部9号館3階9344室)

電話:092-871-6631 (内線: 6227)

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by 機能生物化学研究室。Wix.com で作成されました。